史栄館


MENU
TOP
史栄館
剛柔流空手道
修養訓と五省
稽古日
道場
入会について
年間行事
ブログ
リンク
お問い合わせ






剛柔流空手道

空手道は、約500年前から沖縄で研究されていた格闘術と、中国から伝わった拳法とが合致してうまれました。空手道には松涛館流、和道流等、数多くの流派、団体があります。 史栄館はその中の「剛柔流空手道」を学び、指導し修行をしていく道場です。

東恩納寛量師範
中国の福建省におもむき達磨大師に発祥する中国拳法を学び、これに沖縄伝統の「那覇手」を総合して「昭霊流」と称し一家を立てられました。

流祖 宮城長順師範
剛柔流の歴史は、宮城長順師範に始まります。
宮城師範は明治20年に沖縄那覇市に生まれ、東恩納師範に師事しました。その後中国に渡り中国拳法を学び、研究をされ「剛柔流空手道」を編み出しました。

会祖 山口剛玄先生
剛玄先生は明治42年鹿児島に生まれ、昭和6年より宮城長順師範に師事を受け、昭和25年に全日本空手道剛柔会を結成しました。

最高師範 山口剛史先生
山口剛玄先生の3男として父を補佐し、国内外の指導にあたりました。 山口剛玄先生逝去の後、「全日本空手道剛柔会」「国際空手道剛柔会」の会長、最高師範に就任しました。

剛柔流空手道は、「剛」と「柔」の文字が示すように「天然の理」である陽≠ニ陰≠ノよって構成され、そこにきわめつくせない妙味をもつ独特の理念が存するものである。 剛柔流の技が剛≠ゥら柔≠ヨ柔≠ゥら剛≠ヨ変転自在し融通無碍の動きを示しながら、敵の動きに合わせ、敵手が剛≠ナきた場合には柔≠ナこれを制し、柔≠ナきた場合には剛≠ナ断つという受身の局知を、剛柔流独特の呼吸法である息吹≠烽チて伝承している。

空手道を修行したからといって、必ずしも武力的に強くなる必要はけっしてありません。相手より強くなるということは、力をつねに他の何者かと比較させているからです。空手道の対象となるのは、多との比較ではなく己の道≠ナあって、その道≠ヘ限りなく続くのです

※山口剛玄著【空手道教範】より引用抜粋